What's New

看護師になるための高校選び

看護師になるための高校選び

少子高齢化社会に加え、予防医学の進歩で、医療現場だけでなく、保健や福祉の現場でも必要とされている“ 看護師” 。保健師や助産師の資格も併せて取得することで、活躍の場はさらに広がります。今回は、看護師を目指すための高校選びについて紹介しましょう。

高校選びには3つの選択肢が

看護師になるには、法律で定められた教育課程を受講し、看護師国家試験に合格しなくてはいけません。このため、高等学校進学の時点では、大きく分けて3つの選択肢があります。※下の図を参照。  一つ目は、看護科に進学し、5年一貫の看護師養成課程(看護科3年+専攻科2年)を修了する進路①。  二つ目は、衛生看護科に進学し、准看護師課程(3年間)を履修後、専攻科などで看護師養成課程(2年間)を修了する進路②です。  また、普通科(看護・医療系進学コースなど)に進学し、看護系大学(4年制)・短期大学(3年制)・専門学校(3年)などに進み、看護師等養成課程を修了する進路③も。  中でも、多くの人が選択する①看護科と、③普通科(看護進学コースなど)の進路について確認しましょう。

5年一貫教育で 早期の目標達成を目指す

少しでも早く看護師になりたい人は、①の看護科進学を選択するのがいいでしょう。高校から看護の知識をしっかり学べる、5年一貫の「看護師養成課程」(看護科+専攻科)なので、卒業すれば看護師国家試験の受験資格が取得でき、早ければ20歳で看護師になることも可能。また一貫教育のため、②や③のように、途中で専攻科や大学への入試がなく、国家試験の受験勉強に専念できるところも大きなメリットです。

高度な専門知識を学べる 看護系大学に進学

一方、高度な専門知識を学べる看護系大学などへの進学を希望する人は、普通科で幅広い教育を受けてから大学進学する③の進路を選択するのがいいでしょう。  最近は、普通科に「看護・医療系進学コース」を設置する学校も増え、看護系大学の入試に必要な理数系のカリキュラムを手厚くしたり、小論文・面接指導に重点を置くなど、フォロー体制も充実しています。  さらに高大連携の授業や大学への推薦入学枠があるなど、看護系大学を目指す人にとってはメリットが多いと言えるでしょう。中には看護基礎などの授業を受けられる学校もあります。  また普通科なので、高校生の間に進路変更をすることがあっても、別の進路に対応しやすく、将来についてゆっくり考える時間を持つことができます。

情報収集はオープンキャンパスで 各校の特色をチェック

今回紹介した、高等学校の看護科や普通科看護・医療系進学コースでは、看護の現場と連携し、職場体験ができるなど、高校のカリキュラムに、看護の仕事を見たり学んだりする機会を設けている学校が少なくありません。  このような体験を経て、将来の職場に対する明確なイメージが持てたり、学びへのモチベーションを高めたりできるのだそう。またクラスに同じ目標を持つ友だちが多く、苦楽を共にすることで、前向きな気持ちになれるのも特長です。  目標に合った学校を選ぶには、しっかり情報収集することが大切。まずはオープンキャンパスに参加して、各校の特色をチェックしてみましょう。


<TOPIC>看護のお仕事 ~活躍の場とキャリアアップ~

看護師の資格を取得すると、どんな活躍の場があるのでしょう。ここでは「看護のお仕事」について紹介しましょう。  少子高齢化、予防医学の発展に伴い、看護師の職場も、病院だけでなく、訪問看護を行う在宅医療の現場や、企業の健康管理室、学校の保健室、老人介護施設、さらには府庁などの行政と多岐にわたっています。  また医療の高度化で、質の高い看護師が求められているため、がん看護や地域看護など専門分野で豊富な知識を持つ看護のスペシャリスト「専門看護師」や、緩和ケア・救急看護など特定の看護技術のエキスパート「認定看護師」など、スキルの高さを認定する制度も。  また、妊婦さんのスムーズな出産をサポートする「助産師」や、市町村の保健センターや学校、企業などに常駐し、けがや病気の予防を目的とした保健指導や健康診断を行う「保健師」など、看護師資格に加えて、資格を取得することで、さらに活躍の場が広がります。将来、どんな看護職に就きたいのか、インターネットなどを参考によく考えてから、オープンキャンパスなどに参加すると、具体的な質問ができ、より自分に役立つ情報収集ができますよ!

株式会社五ツ木書房 2019年度「進学への道」 No.2 より

TOP