What's New

夢に近づくための高校選び

夢に近づくための高校選び

“好きなこと”を仕事にできる大人になれたらいいですね。そんな気持ちをサポートしてくれる「キャリア教育」を充実させ、目標に向かって自分らしい学び方ができる高校が増えています。夢に近づくことができる高校選びについて考えてみましょう。

●キャリア教育の充実で学習意欲がアップ

「キャリア教育」とは、将来自立して働く自分の姿をイメージし、夢や目標へ向かうモチベーションを高めてくれる学習プログラム。具体的には、本物の現場で職業体験ができるインターンシップや、就職した先輩の体験談が聞ける講演、資格取得のサポートやキャリアカウンセリングなどがあげられます。「充実した計画に基づいてキャリア教育をしている学校ほど、学習意欲も向上する傾向にある」(右図参照)というデータもあり、単に憧れの職業を見つけるだけでなく、将来の目標が定まることで、学ぶ目的が明確になり、学習意欲が高まるプログラムなのです。

●将来の目標が見えてくるキャリアコースが充実

ここ数年は、将来の夢に近づくためのさまざまなキャリアコースを設ける高校が増えています。中でも「看護師」「薬剤師」「保育士」など、ひとつの職業に目標を絞って学べるコースでは、まさにキャリアイメージを持って高校生活が送れるため人気があります。例えば「看護系進学」コースでは病院実習、「幼児保育系」コースでは保育実習があり、ナース服を着用したり、幼児と接することで、それらの職業を疑似体験でき、将来はその職業に就きたいという気持ちが高まるのだそう。また、大学の推薦枠があるなど進学にも有利で、中には高校・大学9年一貫教育の薬剤師育成プログラムを持つ高校も。より目標の職業に近づけます。

一方「まだ将来やりたいことが見つからない」という人には、これからのグローバル社会を見据えた「国際グローバル系」や「教育探究系」など、幅広く社会に出たときに役立つ能力を身につけられるコースも。これらのコースでは、海外研修や外部講師を招いた講演などを通じ、幅広い職業を知ることができるため、将来の目標を見つけるチャンスも多数あります。

●夢に向かって頑張れる自分に合った高校選びを

キャリアコースのもう一つの魅力は、同じ目標を持つ仲間と、教え合い、競い合える環境があること。仲間がいれば、資格取得や大学の受験勉強にも前向きになれますね。

キャリアコースのプログラムは、それぞれの学校が特性を活かして組んでいるので、大学との連携やインターンシップなどの具体的な内容は、各校により異なります。自分に合った高校を選ぶためには、オープンスクールなどに参加して、積極的に情報収集するのがおすすめ。できれば各校の担当者に、直接話を聞いてみましょう。

〈企画・制作/産經アドス〉

株式会社五ツ木書房 2019年度「進学への道」No.6より

TOP