What's New

ゲン担ぎに「トンカツ」ってどうなの?

受験生、保護者、教育関係者の皆さま、こんにちは!
関西進学ウェブ事務局です 。

「受験前はゲン担ぎにトンカツを食べるといい」と一度は耳にしたことがあると思います。
なぜ「トンカツ」を受験前に食べるといいのか知っていますか?
今回はそんな「トンカツ」が受験のゲン担ぎの代表例として挙げられている理由と食べ方についてご紹介します!

受験に「勝つ」ためのトン「カツ」

昔からゲン担ぎとして「トンカツ」はなじみ深く、この効力を信じる人が今でもたくさんいます。そもそもトンカツがゲン担ぎとして食べられるようになったのは語呂合わせの「勝つ」からだと言われています
トンカツをゲン担ぎとして食べる人からは「受かるぞという元気が湧いてくる」や「勝負に勝てる気がする」といった意見を聞きます。「トンカツを食べる」というゲン担ぎをすることで、受験前の不安や緊張から弱ってしまいそうなメンタルを支えることができるのかもしれません。

本当に「トンカツ」を食べることは受験前の体にいいの?

昔からのゲン担ぎとして「トンカツ」を食べる人が大勢いる中で、「トンカツ」を受験直前に食べることは胃もたれに繋がるので良くないという意見もあります。
本当のところはゲン担ぎに「トンカツ」を食べるのは良くないのでしょうか?
確かに、トンカツは揚げ物のため胃がっている時や夜食には良くないかもしれません。 しかし、豚肉には食品の中でもトップクラスでビタミンB1が含まれています。ビタミンB1は糖質の代謝を促しエネルギーに変えるので、スタミナアップや疲労回復の効果が期待できます。例えばかつ丼にしてトンカツを食べると、糖質がたくさん含まれているごはんと、ビタミンB1が豊富な豚肉、ビタミンB1の吸収率を高めるアリシンが含まれているたまねぎをバランスよく吸収できるので、受験生にとってとても良い一品になります。

トンカツ、いつ食べる?

これらのことから「トンカツを食べるタイミング」に注意しながら食べると受験生にとってとても良いゲン担ぎになるかもしれませんね。
例えば、受験直前は緊張していていつも通りの消化ができないかもしれません。だから、前日の夜ご飯にトンカツを食べることは、次の日の胃もたれを防ぐために避けた方が無難かもしれませんね。
でも、「トンカツを食べる」というゲン担ぎ自体はメンタルを支える上で大きな効果があります。また、受験勉強で疲れた体にエネルギーを与える効果もあります。 なので、受験前日のお昼ごはんなどで「かつ丼」にしてトンカツを食べてみてはいかがでしょうか?

これらのことから「トンカツを食べるタイミング」に注意しながら食べると受験生にとってとても良いゲン担ぎになるかもしれませんね。
例えば、受験直前は緊張していていつも通りの消化ができないかもしれません。だから、前日の夜ご飯にトンカツを食べることは、次の日の胃もたれを防ぐために避けた方が無難かもしれませんね。
でも、「トンカツを食べる」というゲン担ぎ自体はメンタルを支える上で大きな効果があります。また、受験勉強で疲れた体にエネルギーを与える効果もあります。 なので、受験前日のお昼ごはんなどで「かつ丼」にしてトンカツを食べてみてはいかがでしょうか?

トンカツを食べて受験で勝とう!

関西では私立高校入試がそろそろ始まり始めていると思います。
ぜひ、皆さまも受験が近づいてきたらお昼ごはんにトンカツを食べてゲン担ぎしてみてくださいね!
私もトンカツを食べて受験生の皆さまが目指す第一志望の学校に合格できるようお祈りしております。

TOP